毛穴掃除したい

鏡を見るたびに自分の鼻の毛穴の汚れが気になる私。
いろいろ調べたところ、超音波美容器 毛穴エステ EH2436Pって商品がある事を発見!!

3種類のモードがあり、超音波と約6,000回/分の振動でお肌にハリを与えて、頬(ほお)と鼻の開いた毛穴をキュッと引きしめてくれるそうです。

かなり魅力的な商品です。

これ一つあればフェイシャルエステを受けたくらいの効果が得られるんじゃないかって思ってしまが、実際はどうなんだろう。

お風呂でも使えるようで、これならば自宅で気軽にエステ気分を味わえますよね。
且つ、三日坊主の私でも続けられそうな感じ。

フェイスラインは、3日に1回(約11分)の利用でいいそうです。逆にそれ以上はやらない方がいいみたい。毛穴のお手入れとフェイスラインのお手入れも別の日にした方がいいそうです。
それくらい効果があるってことだよね。

なんでもそうだけど効果があるからってやりすぎちゃうと、今度は逆効果になってしまうようですね。
どうやら長時間やると・・・赤く腫れますので注意!だそうです。
みなさまお気をつけて。

美容商品の成分表を読めるように 

美容商品ってたくさん種類があって何を使って良いのか困ってしまいますよね。同じメーカーの同じラインのスキンケア商品でもしっとり系とかさっぱり系とか分かれている時があります。

いったい何をもって、さっぱり系なのかしっとり系なのかよくわからない時があります。分かりやすく簡単な言葉で示してくれているのですが、わたしにはどっちがあっているんだろうと悩んでしまいます。

そんな時にスキンケア化粧品の成分表が読めるようになると、商品を選ぶ時でもこの成分が入っているからこっちにしようとか、判断ができるようになるので良いそうです。

化粧品の本体や箱に表示が義務付けられている全成分は、配合量の多い順から表示されているそうです(1%以下は順不同)。

化粧品は、配合成分の組み合わせや比率がとても重要なので、成分表だけで化粧品の良し悪しはわかりませんが、成分表を見てアレルゲンを確認できたり、テクスチャーや使用感がわかるようになったり、メーカーのブランド力に惑わされないで商品を選ぶ力も身につくので、成分表を読めるようになる事はオススメです。

ちくびの色が私の隠れたコンプレックス

生まれつきのことなので自分が悪いわけではないのですが、乳首が黒いことは少なからず自分のコンプレックスになっていました。

乳首はピンク色のほうが美しいという風潮があり、もてはやされています。

面と向かって何か言われたことはありませんが、男性の会話のなかで「この間付き合った女性の乳首が黒くてひいた」、「乳首が黒い女性は遊んでいる」などと聞くと、自分を否定されているようでとてもつらい気分になります。男性はそのような迷信をいまだに信じているようです。男性と交際しているときも何も言われなくても自分の胸を見て心の中でそう思っているのでは・・と疑心暗鬼になったこともありました。

また女性の間でも大浴場にいくと「○○ちゃんの胸は大きくて乳首もピンクでかわいい」などと表現されていると、思わずタオルで胸元を隠してしまいたくなりました。

ピンク色の乳首に憧れて美白サプリを飲んでみたり、直接塗るタイプのちくびをピンクにするクリームを試してみましたが、良い結果は出なかったです。

年齢を重ね、もう生まれつき色素が濃いのだから仕方ない!不特定多数の人に見せるところでもないんだから気にしないようにしようと発想を変えるようにしました。

今では小さい胸と合わせて、自分の個性だと認められるようになっています。