ちくびの色が私の隠れたコンプレックス

生まれつきのことなので自分が悪いわけではないのですが、乳首が黒いことは少なからず自分のコンプレックスになっていました。

乳首はピンク色のほうが美しいという風潮があり、もてはやされています。

面と向かって何か言われたことはありませんが、男性の会話のなかで「この間付き合った女性の乳首が黒くてひいた」、「乳首が黒い女性は遊んでいる」などと聞くと、自分を否定されているようでとてもつらい気分になります。男性はそのような迷信をいまだに信じているようです。男性と交際しているときも何も言われなくても自分の胸を見て心の中でそう思っているのでは・・と疑心暗鬼になったこともありました。

また女性の間でも大浴場にいくと「○○ちゃんの胸は大きくて乳首もピンクでかわいい」などと表現されていると、思わずタオルで胸元を隠してしまいたくなりました。

ピンク色の乳首に憧れて美白サプリを飲んでみたり、直接塗るタイプのちくびをピンクにするクリームを試してみましたが、良い結果は出なかったです。

年齢を重ね、もう生まれつき色素が濃いのだから仕方ない!不特定多数の人に見せるところでもないんだから気にしないようにしようと発想を変えるようにしました。

今では小さい胸と合わせて、自分の個性だと認められるようになっています。