美容商品の成分表を読めるように 

美容商品ってたくさん種類があって何を使って良いのか困ってしまいますよね。同じメーカーの同じラインのスキンケア商品でもしっとり系とかさっぱり系とか分かれている時があります。

いったい何をもって、さっぱり系なのかしっとり系なのかよくわからない時があります。分かりやすく簡単な言葉で示してくれているのですが、わたしにはどっちがあっているんだろうと悩んでしまいます。

そんな時にスキンケア化粧品の成分表が読めるようになると、商品を選ぶ時でもこの成分が入っているからこっちにしようとか、判断ができるようになるので良いそうです。

化粧品の本体や箱に表示が義務付けられている全成分は、配合量の多い順から表示されているそうです(1%以下は順不同)。

化粧品は、配合成分の組み合わせや比率がとても重要なので、成分表だけで化粧品の良し悪しはわかりませんが、成分表を見てアレルゲンを確認できたり、テクスチャーや使用感がわかるようになったり、メーカーのブランド力に惑わされないで商品を選ぶ力も身につくので、成分表を読めるようになる事はオススメです。